埼玉 | 浦和 | 弁護士 | その他 | ながの法律事務所 | 弁護士法人ながの法律事務所

そのほか法律のご相談

トップページ法律のご相談そのほか法律のご相談

刑事事件/少年事件のご相談

罪を犯してしまう人には、その人なりの理由があります。
罪を犯した人が自分の過ちに気づき、立ち直るきっかけをお手伝いするのも弁護人の大切な役割だと考えています。

同時に、心や体に傷を負った被害者に対するケアも大切です。
当事務所では豊富な経験をもとに、迅速なきめの細かい対応を心がけています。

一般民事のご相談

「自分は裁判や争いごととは無縁」と思っていても、日々の生活の中で、突然、トラブルに見舞われることがあります。

「子どもが学校で友だちに怪我をさせてしまった」「マンションの上階から水漏れがした」……
こうした問題は弁護士に相談することで、解決が容易になることがあります。

まずは、お気軽にご相談ください。

福島原発事故による損害賠償請求のご相談

福島第一原発の事故によって、埼玉県内に大勢の方々が避難されてきたことをきっかけに、原発事故被害者のための損害賠償請求にかかわるようになりました。

代表弁護士・永野と弁護士・渡部は、原発被害救済双葉町弁護団などに所属し、原子力損害賠償紛争解決センターを積極的に利用して、東電に対する賠償請求を行ってきました。

慰謝料が東電基準の2倍になったケースも複数あります。

時間の経過とともに、賠償を受ける側への風当たりが強くなっていますが、被害者が加害者に賠償を求めるのは当然の権利です。

あきらめないで、お気軽にご相談ください。

離婚のご相談

一番大切なのは、「今後どうしたいのか」というご相談者の方のお気持ちです。

年間25万件を超えるといわれている離婚ですが、一つとして同じものはありませんので、画一的な解決方法はありません。

インターネット上の情報を鵜呑みにせず、まずは専門家へご相談ください。

最善の解決方法をご提案いたします。

弁護士費用はこちらお問い合わせはこちら